『Quit or Quiet』White Ash

White Ash(ホワイト・アッシュ)、2012年リリースの1stフルアルバム『Quit or Quiet』。

くそー、かっこいいじゃねぇか。ONE OK ROCKとかMAN WITH A MISSIONとかと同じUSメジャーロック系統かと思ったら、2000年代UKシーン、特に2004年以降をバックグラウンドとしたジャパニーズロック、という具合。

ディストーションギター鳴らし、高速で刻まれるビートに乗せて歌われる英語詞は爽快。線細めながら適度に掠れた声もなかなかよろし。

“Paranoia”はArctic Monkeysの“Brianstorm”を想起させ、“Deadmans On The Dancefloor”も『Humbug』あたりの曲調を連想させる。はたまたFranz Ferdinandであったり、The Sunshine Undergroundだったり。

つまるところ、日本で言えばBoom Boom Satellitesの後継(特に『ON』以降の)的なポジショニングになるのだろうか。いずれにせよ、2000年代後半のサウンドで育った国産バンドとしてはなかなかイケてるのではないか。

一方で、“There Changed Me Special”のようなポップソングも書けるあたりの器量もまた良し。


Summary
Review Date
Reviewed Item
『Quit or Quiet』White Ash
Author Rating
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。