『AFTER HOURS』シャムキャッツ

シャムキャッツの3rdアルバムたる本作『AFTER HOURS』。非常に良い!

どこかノスタルジックな色合い、はっぴいえんどおよび80sネオアコっぽい風情を残すサウンド。昨今で言えばOgre You Assholeなどとも通じるユルさを持った作品。

CERO同様に何とも捉えどころのない楽曲で、どことなく空虚感の漂う音像は、今の東京に生きる若者の実像を描いている、とでも言うのだろうか。聞こえの良い言葉、耳触りの良い音像と作りこまれたアレンジはとても偏差値の高い秀逸なサウンドとして響く。

浮遊感のある二本のギター、流れにアクセントをつけるベースとドラム。陽光に照らされるような心地良いポップソングとして響く。こと作品序盤を飾る“FENCE”、“MODELS”、“FOO”の鮮やかさは心踊らせてくれる。

思えば初期スーパーカーに近しい印象もあるが、それよりは断然上手いし芸がある一方で、スーパーカーにはあったほんの少しの翳りとでも言うべきところを、シャムキャッツはむしろテクニックで覆い隠しているかのような印象も受ける。つまるところ、毒気がなさすぎるというか、日々の不平不満はしっかり飲み下して大人ぶるというか、欲の無さというか、ある種の達観ぶりとでも言うべき様が見て取れる。

音楽としては抜群に良い。けれど、どこかそういった昨今の若者的な感覚らしき落ち着きや諦めの感覚が見て取れて、個人的に完全に好きになり切れない部分もある。


Summary
Review Date
Reviewed Item
『AFTER HOURS』シャムキャッツ
Author Rating
5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。