京都音楽博覧会 2009

《京都音楽博覧会》

2009/9/22 @梅小路公園
act:くるり、矢野顕子、石川さゆり、奥田民生、ボガンボ3featラキタ、Ben Kweller、ふちがみとふなと

なんだかんだで毎年来てしまっている京都音楽博覧会。しかもちゃんとお金払って行ってるっていう。しかしながら、毎年素敵なライブを魅せてくれるっていう。ほんで、今年もまた良かったわ。良かったんだよ。っつーことで、順を追ってレポ。

12時過ぎくらいに京都駅着。のんびりは毎年のこと。

【ふちがみとふなと】

梅小路公園に着いた時には既に開演済み。場外にて煙草吸ってる間に終わる。

【Ben Kweller】

酒買いに行ってて全く観てねぇ!

【ボガンボ3featラキタ】

これまた、友人と雑談&酒買いに行っててほとんど観てねぇ!!

【矢野顕子】

観る。個人的にあの“Baby I Love You”は微妙だった。しかし、最後の方の流れとか美しかったなぁ。“ごはんができたよ”はとても優しいし、“ひとつだけ”は名曲すぎる。

【奥田民生】

ギター一本弾き語り。“さすらい”からのスタート。一緒に歌いたかったけど、周り的にそんな雰囲気じゃなかったので自重。中盤、岸田さん登場。懐かしの名曲“息子”をギターユニゾンで歌うっていう素敵っぷり。続く“ばらの花”もまた乙。途中で“素晴らしい日々”のリフを混ぜる粋っぷりとかもタマラン。民生さんと岸田さんて、奇妙な取り合わせやけど、その歪な感じが良かったです。

【石川さゆり】

会場外にて一服中、流れ出す“津軽海峡冬景色”のイントロ。場外ではじいちゃんばあちゃん大勢。急いで会場内に戻ってみると、人多っ!!そこは見逃せへんってのはみんな共通か。流石は大ベテラン国民的歌手。歌唱力もさることながらトークも抜群に上手い!!素の声が異様に若くてカワイイ!!ソーラン節とかのミックス曲の上げっぷりが凄まじかった。あの瞬間ばかりはSoul Flower Union顔負けのテンション。“天城越え”も流石の百戦錬磨。

【くるり】

やっぱり凄いんだよ。なんだかんだで感動しちゃうんだよ。前のライブじゃ微妙だった“太陽のブルース”も“かごの中のジョニー”もツアー時より断然良くって、やっぱりスゲーなって思うわけですよ。世武さんのピアノが加わるだけで一気に良くなった。“京都の大学生”と“さよならリグレット”は流石に去年の土岐さんのコーラス付きには勝てなかったけど。しかしやはり名曲。中盤、石川さゆりさん再登場、岸田繁書き下ろしの新曲“夜汽車はいつも夢をのせて”を披露。歌、掛け合うかと思ったら一曲まるまる石川さん歌ったはったな。心地好い風の中で聴く“三日月”は本当に美しく(月出てなかったけど)、ラストの“魂のゆくえ”の心地好いアップライド感もまた最高だった。

アンコールでは“虹”を演奏。そして最後は音博定番の“宿はなし”。この一曲を聴くために音博行ってるようなもんなんじゃないか、ってなくらい、音博で聴く“宿はなし”は素晴らしいと思う。

そんな具合で大団円。ステージ上に全出演者が揃い、拍手の海の中終幕。その中で僕らは、「矢野さんの方を石川さんより後に呼んだな、矢野さんの方が上座だな」とかなんとか。やっぱり、ね。

とにかく楽しかった。ということですよ。

【矢野顕子】
1.CHILDREN IN THE SUMMER
2.Evacuation Plan
3.BABY I LOVE YOU
4.さようなら
5.ごはんができたよ
6.ROSE GARDEN
7.ひとつだけ

【奥田民生】
1.さすらい
2.ラーメン食べたい
3.野ばら
4.The STANDARD
5.息子
6.ばらの花
7.CUSTOM

【石川さゆり】
1.津軽海峡冬景色
2.桜夜
3.京の覚え唄
4.居酒屋「花いちもんめ」
5.舟唄組曲(韓国のペンノレと日本のソーラン節のメドレー)
6.天城越え
7.朝花

【くるり】
1.太陽のブルース
2.夜汽車
3.京都の大学生
4.さよならリグレット
5.夜汽車はいつも夢をのせて
6.かごの中のジョニー
7.三日月
8.さよなら春の日
9.魂のゆくえ
en1.虹
en2.宿はなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。