くるり/Grapevine -2014/12/17 – @豊洲PIT

《Music Complex 2014 winter》
2014/12/17 Act:くるり、Grapevine @豊洲PIT

まさかのくるりとGrapevineの対バンとあらば、行かない手はない!!15年前の高校時分、日本のバンドの良さに気付かされたキッカケの2バンドなのだから。そして、これまでの人生においても聴いた回数については2バンド共にトップクラスだと思う。

ということで、心踊らせつつ行ってきた。

《くるり》

先行はくるり。この日のライブはスゲー良かった。とにかく良かった。上手い!!演奏は完璧、PAも完璧。完成度としては、これまで数十回見てきた中でも屈指ではないかと思うほど。

とりあえずドラムが凄くくるりの音に馴染んだ、適度な柔らかさのあるサウンドを作り上げていたこと。ファンファンのトランペットも要所要所でしっかりと存在感を示しつつ、全く違和感の無いアレンジになっていたこと。ギターやキーボードも強烈な個性があるわけではないものの、一音一音がクリアに輝くようでもある。個人的に、堀江博久とクリフ・アーモンドをサポートに迎えた『NIKKI』時のライブがくるりのベストの一つなわけだが、その時とはまた違う、自然と一つにまとまった「くるり」という感じの、柔らかくも統制されたサウンドは、ここ数年でも屈指のアンサンブルを描いていたと思う。

今年の京都音博ではやらなかった”loveless”もやってくれたし、”ハヴェルカ”や”かごの中のジョニー”といったくるりの意地悪さが感じられる楽曲も乙なもの。また、ライブではさほど良い出来にならない印象のある”ばらの花”も、久しぶりに凄く良かった。”東京”はもう、今年一年の諸々の記憶と、くるりを聴き始めてからの15年分の全ての思い含め、泣きそうになったことは言うまでもなく。

MCでは「Grapevineの曲で、一曲だけ好きな曲がある」ということで、”白目”を挙げてはった。”白日”やろ、と。

 

    【セットリスト】

  1. There is
  2. Liberty & Gravity
  3. loveless
  4. Remember me
  5. ブレーメン
  6. ハヴェルカ
  7. かごの中のジョニー
  8. ばらの花
  9. 東京

 

《Grapevine》

Grapevineを見るのはおそらく『CIRCULATOR』のリリース後の招待ライブ以来なので、約13年振りになる。さすが、田中和将の正確悪そうな感じと、白シャツの似合いっぷりがカッコ良すぎるw

ライブ自体、PAは正直微妙だったが、全体としては良かった。こと”白日”や”スロウ”、”here”といった初期の楽曲をやってくれた点に感動。デビューから18年が経とうという中で、いまだ荒っぽさを残しながらしっかりと鳴らす姿に、ロックバンドとしての彼らの信念のようなものを見た気さえする。

とは言え、私の中での彼らに対する愛情は、くるりと比べれば希薄なようで、アンコールで”光について”を聴いても、”東京”ほどの感動は無かったという事実に少しショックだったのも事実。

願わくばもう一度彼らのワンマンを見たい。

 

    【セットリスト】

  1. 覚醒
  2. 白日
  3. KOL
  4. うわばみ
  5. Empty song
  6. YOROI
  7. Our Song
  8. FLY
  9. スロウ
  10. CORE
  11. here
  12. 光について(encore)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。