『Crimson / Red』Prefab Sprout

とっくにベテラン。曲風もデビュー期から引き継がれる80年代ポップソング。にもかかわらず、今なぜ新鮮に響くのか。

繊細に紡がれる軽やかで美しいメロディライン が、ギターやシンセサイザー、電子ドラムのサウンドで装飾され、鮮やかに煌やかに光を放つ様にうっとりと酔う。

時代に左右されないパーマネントな輝き。こういう音楽を聴いた時ほど、音楽が好きだと感じる瞬間は無い。M-1“The Best Jewel Thief in the World”を聴いた瞬間、The Flaming Lipsの“Race For The Prize”を初めて聴いた高校生時分の、純粋な感動を久しぶりに思い出した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。