踊ってばかりの国 -2016/11/19- @東京キネマ倶楽部

《踊ってばかりの国:2016年、秋のワンマンライブ》
2016/11/19 @東京キネマ倶楽部 opening act : Gateballers

踊ってばかりの国を最初期から支えてきたギタリスト、林宏敏の踊ってばかりの国としての最後のライブ。去年、前ドラマー佐藤謙介の最後のライブもこの会場だったなー、と。で、正直、まさか林が抜けるとは全く思ってなかったんだよ。踊ってばかりの国のライブにおいて、林の弾くギターの存在感はめちゃくちゃ大きかったし、彼自身のギタリストとしての佇まいは、下津のロックスター然とした美しさに全く引けを取らなかったものだから。

“SEBULBA”から始まったこの日のライブは、感傷じみたものは一切なし。いつもと変わらない踊ってばかりの国らしいライブだった一方で、林のギターよりも下津のギターの音のほうが印象的に感じられる気もした。

“よだれの唄”や“バケツの中でも”、“僕はラジオ”と、初期の代表曲もやりつつ、“Boy”や“Surfer Song”といった新曲まで満遍なく演奏。てか林、やめるなら、“Boy”とか“しゃくなげ”とか、音源化されてない超名曲を先に録ってからにしてほしい。もう録音済みであることを切に願うよ、ほんと。

“ほんとごめんね”からの後半の流れは上がりっぱなしで、ほんとこのバンドは良い曲大量にあるな、と思い知らされる。「一番好きな曲」と言って始めた“唄の命”や“サイケデリアレディ”で高揚。指にはめたスライドバーをポイと外し捨てる様とか、ちょっと林さん、かっこよすぎるんじゃないっすか!?など。そして、“OK”のファジーなギター音、ファンキーなサウンドに最高潮に達して本編終了。

 

アンコールでは下津上裸で登場。クビとか胸とかにタトゥー入っとったなー、とか思いつつ、締まったえぇ体してますなー、と。“それで幸せ”を演奏し終え、フィードバックノイズを響かせたまま一旦引っ込むも、数分と待たずに再登場。“僕はラジオ”と、名曲すぎる“言葉も出ない”を。「また笑って会いましょう、生きてたら」と、最後にそれ持ってくるんはセコいやろ、っていう選曲ね。

お客さんが終わりだと思って若干帰りかけたところで、三回目のアンコール、“踊ってはいけない国”で締め。

林は一切の別れの言葉も残さず、彼らしい去り方でした。いや、しかし、やっぱ林が抜けるってイメージがつかない。というか、彼以外に下津の隣でギター弾ける人間なんてそうそういないんじゃないだろうか?テクニックもさることながら、彼ほどのギタリスト然とした立ち振舞を出せるやつなんてそうそういないのに。

 

【セットリスト】
01.SEBULBA
02.世界が見たい
03.風と共に去りぬ
04.Surfer song
05.よだれの唄
06.バケツの中でも
07.???
08.メイプルハウス
09.ほんとごめんね
10.Evergreen
11.話はない
12.唄の命
13.サイケデリアレディ
14.Boy
15.OK
en1.しゃくなげ
en2.それで幸せ
enen1.僕はラジオ
enen2.言葉も出ない
enenen1.踊ってはいけない国

ちなみに、オープニングアクトのGateballers、良かったっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。