モーモールルギャバン -2015/4/3- @恵比寿Liquidroom

《蘇る無茶と野獣ツアー2015》
2015/4/3 act:アルカラ、モーモールルギャバン @恵比寿Liquidroom

久しぶりに見るモーモールルギャバン。ライブ活動休止してから10ヶ月で復活って、意外と早いな、っていう。

アルカラは音源も聴いたこと無かったけど、普通に面白かった。MCが。歌上手いし、演奏も良いと思う。J-Popを宣言するだけあって、ビジュアル系風の歌唱とロキノン疾走系手前、メタル通過してきました風のゴリゴリのサウンド。音自体は好きかと問われればそうでもないけれど、客席ダイブかますあたりとか、ライブの煽りの上手さは凄く良かった。

モーモールルギャバンについては、正直若干ドラムのキレが以前ほどじゃないというか、ある意味正確で重みの増した感じだったわけで、技術が上がった結果まとまった感があるな、というのが率直な感想。以前の突っ走るような感じを期待していただけに、そこは少し複雑な感想を持ってしまいました。

とは言え流石のライブ巧者。“ユキちゃんの遺伝子”から始まったライブはとても良かったと思う。マル氏の黒エナメルメッシュ穴あき変態コスチュームは何なのだ!?というところもありつつ、ギターレス3ピースバンドとして、手数多くパワフルに押してくる感じで高揚感を大きく揺さぶる。キーボードを担ぎ上げ、銅鑼を連打するユコさんのはっちゃけぷりもまた素敵。

序盤、“ユキちゃんの遺伝子”から始まったライブ。“POP! 烏龍ハイ”や“ユキちゃん”といった名曲含み、全アルバムからピックアップしたベスト的内容。折り返しになる“野口、久津川で爆死”行こう、特に“LoVe SHouT!”からの“ユキちゃん”→“サノバ・ビッチェ”の流れは抜群。特に“サノバ・ビッチェ”はスタジオ音源よりも断然ライブ映えして、非常に良かった。以前の荒々しさを垣間取り戻したかのような勢いのある演奏。本編ラストの“サイケな恋人”もパンティーコールも相変わらずの馬鹿らしさが心地良く。

アンコールは“パンティー泥棒の歌”と“スシェンコ・トロブリスキー”。やっぱり割と最近の楽曲はライブの方が映えて良いね。

ということで、久しぶりにモーモールルギャバンを見たわけですが、是非次回のアルバムリリース後のワンマンにも行ってみたい。きっとその時にはもっとキレキレで、思わずモッシュしちゃうくらい熱いパフォーマンスを見せてくれると思う。

 

【セットリスト:http://ro69.jp/live/detail/121823から転載】

  1. ユキちゃんの遺伝子
  2. 裸族
  3. 細胞9
  4. POP! 烏龍ハイ
  5. 頭が臭いと君に言われ5日ぶりに風呂に入った
  6. ハイヒールブルース
  7. 野口、久津川で爆死
  8. 愛のテーマ
  9. LoVe SHouT!
  10. ユキちゃん
  11. サノバ・ビッチェ
  12. サイケな恋人
    encole
  13. パンティー泥棒の歌
  14. スシェンコ・トロブリスキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。