Cloud Nothings -2014/6/24- Shibuya Quattro

2014/6/24 @渋谷クラブクアトロ
【DUM-DUM LLP presents『Kill your T.V.』Premium Show】
Act:パスピエ、Art-School、Cloud Nothings

ということで、待ちに待ったクラウド・ナッシングス!!ここ数年内で最も好きなバンドと言っても良いほど大好きなバンドのライブだ!!

今回はパスピエとアート・スクールとの対バンということで、久々に見るアート・クールも楽しみにしてのライブ。

会場は比較的スペースにも余裕があって、適度な感じ。Art-Schoolファンが多いのかと思いつつ、ライブが始まってみれば大半がしっかりCloud Nothingsファンだったっていうのも最高でした。

ひとまず、各アクトの感想をば。(出演の逆順)

《Cloud Nothings》

とにかく最高!!!!ドラムが抜群に素晴らしい。タム無しながら、フロアタムとハイハットを巧みに使い、手数の多いドラミング。ギターもドラムも力強い!

あたりまえだけど、『Here And Nowhere Else』と『Attack On Memory』からの楽曲を中心に12曲。3ピースで轟音を鳴らし、超アップライド。個人的に、実は『Here And Nowhere Else』はイマイチかなと思ってたけど、ライブになると超アグレッシブでめちゃくちゃかっこいい!!実は全然

やっぱり“Separation”みたいな楽曲でガッツリ乗せられるってのが奴らの凄さだなぁ、と思いつつ、年甲斐もなく、ひたすら前方でモッシュしてしまったわけですが。とにかく最高だったし、ライブ後完全に耳キーンてなった。

  1. Quieter Today
  2. Now Hear In
  3. Stay Useless
  4. Psychic Trauma
  5. Giving Into Seeing
  6. Fall In
  7. Separation
  8. Pattern Walks
  9. Just See Fear
  10. Cut You
  11. I’m Not Part Of Me
  12. E1. Wasted Days

《Art-School》

この日の演奏はとにかく爆速!!早い早い。ギター戸高さんの高速カッティングがハンパない。これだけの超速っぷりで、全体像が崩れることなく鳴らせるところが流石。

短い時間の中での圧巻の15曲。終盤には大好きな“スカーレット”や“ロリータキルズミー”もやってくれたので満足。“YOU”ではユカリ・ヴァレンタインさんもゲストで出てきてたけど、ボーカルのバランスがちょっと良くなかったのは残念。

  1. BABY ACID BABY
  2. real love/slow dawn
  3. Promised Land
  4. Dead 1970
  5. サッドマシーン
  6. Driftwood
  7. BLACK SUNSHINE
  8. 夜の子供たち
  9. イディオット
  10. YOU
  11. Rock’n Roll Radio
  12. スカーレット
  13. ロリータキルズミー
  14. UNDER MY SKIN
  15. FADE TO BLACK

 

《パスピエ》

初見。楽曲はサラッと試聴した程度だったが、まぁ普通というか。個人的に思うところとしては、ベースが弱いな、という感想。2000年代半ばのポストパンク系譜UKシーンに倣ったようなバンドで、場合によっては相対性理論とかとも比較されるような雰囲気。

正直、どこを見ても非凡なものは感じないが、ことベースラインについては普通というか、イケテナイというのが率直な感想です。上手い下手じゃなく、アレンジが野暮ったい。小手先感が否めず。

楽曲群もメリハリ付いてるけど、そのメリハリもちょっと実力誤魔化してる感もあって、悪くはなかったけど、良くもなかった。演奏も楽曲自体のクオリティも両方上げてかないと正直そこらのバンドと変わらんので、頑張ってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。