Alt-J -2015/1/13 – @渋谷TSUTAYA O-EAST

【Alt-J】
2015/1/13 @渋谷TSUTAYA O-EAST (support act: BO NINGEN)

2015年一本目のライブはアルト・ジェイ!!

良かった。とても良かった。音源では何となくボヤっと聴いてるけど、ライブ行くとやっぱり色々な発見があって良いですな。

会場はこれまで見たことないほどの外人さん率!!マジで客の半分かそれ以上が外人さんで、国内と海外でのAlt-Jに対する盛り上がりの差が明白だなぁ、と。

四人横並びでのセット。その中でもやはり異彩を放つのがトム・グリーンのドラムセットか。シンバル類を一切使わず、カウベルやタンバリンといったサステインの短い乾き音系を中心に、サンプラーなども使いながら、とにかく手数の多いドラミング。手首の使い方が上手い。見た目は地味に映るものの、地味に肉体系な叩きっぷりで、ドラムグローブ付けるのもまぁ納得、という感じ。

改めて彼らのライブを見ると、フォークミュージックがルーツになっていることに気付かされる。始終荒ぶることなく、淡々としているような雰囲気がありながらも生々しさのあるサウンドと、息のあった美しいコーラスワークの中に、何故かブリットポップの残り香のようなものを感じもした。華やかさは抑えつつ、キャッチーさも残し、インテリジェントも感じられるライブ。

サポートメンバーのキャメロンの、ギター・ベース・サンプラー等々、楽曲によって機材を持ち替えながらも目立たずも的確な献身的プレイにも拍手。

全体通して非常に良いライブだった。音源も良いけど、やはりライブだと一段と良い。

【セットリスト】
Hunger of the Pine
Fitzpleasure
Something Good
Left Hand Free
Dissolve Me
Matilda
Bloodflood
Bloodflood pt.2
Ripe & Ruin
Tessllate
Every Other Freclke
Taro
Warm Foothills
The Gospel of John Hurt
–encore–
Lovely Day
Nara
Leaving Nara
Breezeblocks

 

そういえば、BO NINGENも良かった。ゴリゴリのサウンドで圧巻。圧倒的な音圧ながら上手さもあるので凄く興奮した。

 

他サイト参考記事
http://ro69.jp/live/detail/116899

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。