『美女と竹林』森見登美彦

事実空想入り混じった随筆作品。サラッと読めて、クスッと笑えて、サパッと面白い。

けど、森見登美彦による森見ファンのための一冊って感じかなぁ。

ただ、登美彦氏が竹林を切る!というお話。切ろうとするが、持ち前のヘナチョコ魂を発揮してなかなか上手くいかなかったり。詭弁を弄して竹林と美女を結び付けてみたり。妄想を交えて竹林経営の未来を語ってみたり。

まぁ、そんな感じの本です。面白いです。が、森見作品の入り口にはしないほうがいいかも。

Summary
Review Date
Reviewed Item
『美女と竹林』森見登美彦
Author Rating
3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。